LPレコードは最良の音がある

現在は音楽のソースとしてCDが全くの主流であって、一昔前のLPレコードというものを実際に見たり聴いたりした人は、今ではもう昔人間と言われてしまうかもしれない。しかし、LPレコードを子供のころから何十年も聴いてきてその音質を知り尽くしている人が技術革新によってもたされたCDの出現によりあの煩わしいLPの取り扱いから解放されることができると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バランス伝送を採用する

このアンプは本来バランス入力専用機であるが、変換ケーブルでRCA入力で使用可能となっている。今までRCA入力で一か月ほど聴きこんでみたが、更にSN比を高めるためにバランス入力を採用してみた。バランス入力に切り替えた途端その効果は明らかに高まった。高域のSNが特に大きく改善された。やはりこのアンプはバランス入力を想定していることがよく分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電源電圧を2系列に

ドイツ製アンプは推奨電圧が115Vであるので、他の電源と区別する必要がある。100Vでもこのドイツ製は十分能力を発揮することは確認済であるが、やはり115Vの方が落ち着いた感じの再生ができる。そこで115Vと100Vの2系列をこのトランスで設定した。これで何の不満もなく音楽を楽しむことができる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このスピーカーの源

このスピーカー JBL4343Bの音のカギを握るユニット Mid Buss 2121 これがうまく鳴らすことが出来れば音の持つ魅力に到達が出来たと言えるのではないかと思う。ここにオーディオの世界の長く深い苦しさ、辛さがある。今回S-150MK2の強力なパワーによって到達点に近づいたと思われる。実にうれしい限りである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唖然となった

これが今回購入したドイツ製のパワーアンプthomann社製のS-150 85Wx2 である。音を出してみて驚いたことには、今まで大変高価なUSA製のアンプにしても、出し切れなかった音をいとも簡単にこのアンプは出し切ることができたという事である。それも価格は15分の1の価格でありマジですかという感じである。その判断は第一にミッドバス212…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワーアンプ更新

パワーアンプを入れ替えた。前のL-07Mは昨年の猛暑によってダメージを受けたかもしれない。Lチャンネルの音がノイズ混じりになる時がある。思い切って新しく採用を決めたのであるが、評判のドイツ製のもので、最強のアンプと言われているものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も山で頑張る

今年もこの山で間伐を続行する。山頂の広場は草が生い茂っていてこれでは草刈りが必要だ小屋の床はブルーシートが去年のまましっかりと資材を保護してくれていたブルーシートをめくってみると床材に雨漏りの痕跡があった。今日は天気が良いから乾燥にはうってつけだ。近くには木いちごがたくさん実をつけていた。今日のお土産にしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東濃市場へ出荷

今年最初の出荷をした。合計36本である。実は3月にも出荷しているが、それは間伐材ではなくて、依頼されて出荷したものである。しかし、かなり太い杉であったので高値で落札された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集材をする

7月21日出荷のために集材をした。今回は本数が多ので1回で市場まで運ぶことができるだろうか。今日の山の温度は24℃であるが、湿度が異常に高いので作業するときに汗が滝のように流れ出た。しかし作業後はさすがに温度が低いのでさわやかさがあった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わくらの新芽が美しい

先月剪定して形を整えておいたわくらに新芽が出た。本来はもう少し黄緑色のはずであるが、赤い色が若葉の先端に見られる。これもなかなか趣があってよいものだ。。左側にキュウリの栽培のたながみえる。もう収穫は始まっている。とてもおいしい味がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30本を搬出する

ユニックに積むための搬出に1日かかったが、作業は予定どうりにはこんだ。今日は山にしては珍しく、湿度高かった。気温は24℃ 春日井市は32℃といっていたのでかなり気温差はあるが、湿度が高いだけ作業をすると汗が噴き出る。しかし出荷対象のものは全部搬出が終わった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路整備に感謝

7月12日、木材出荷準備の作業に山へ行った。山道の整備を市が実施していた。大変に助かります。以前からかなり道路が傷んでおり、穴ぼこや、側溝に石や、ゴミが詰まっていたので気になっていた。今日山へ来て山道を登ってきたところ、道路が整備されていることに気が付いた。頂上付近まで登ってくると、整備用の重機止まっていた。今日は作業は休みのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整備された広場

今日、山へ伐採に行ったのであるが、山頂の駐車場兼広場がたいへんきれいに整備されていたことに驚いた。この後、草が生い茂ってくるので草刈りが必要になってくると思うがこちらも協力してきれいに保ちたいと思う
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017セラミックパークへ行く

今年も恒例の陶芸作家展が開かれた。場所はいつものセラミックパークMINOである。今年購入したのはたたら製法のコーヒーカップと粉引きの湯のみである。たたらの器は昨年も購入した。ご飯茶碗であるがまだ未使用になっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スゴすぎるサンプルCD

今月のオーディオ雑誌の付録になっていたサンプルCDに驚きだ。何しろ音がスゴすぎる。音量をどこまでも上げても音の歪が全くないのである。ヴォリュームを目いっぱい上げていくと、部屋が振動してくるのである。どうしてこんなスゴイ録音ができたのか不思議である。曲もいい。セントジェームス病院という曲は初めて聞く曲だがとても良い曲だ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて山へ行く

今日は天気が良いので今年初めて山へ行った。心配していたのは昨年末に小屋の床の保護のために、床にブルーシートを覆っておいたのが、強風で外れてしまっているのではないかという心配であった。実際に山へ入って現場を確認したところ、この写真のようにブルーシートはキッチリと床を保護していた。一安心だ。これでこのあと今年も続きの作業をすることが出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当時の設備に驚く

昭和63年に操業が停止されたのであるが、当時の操糸機はもとのまま完全に保存されている。素晴らしい生産の工程である。この設備があってこそ世界遺産の価値に十分当てはまると思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産・富岡製糸場へ行きました

2月21日世界遺産の富岡製糸場へ行きました。今回の旅は兄妹会で越後湯沢温泉と伊香保温泉の2泊3日のスケジュールでしたが、何しろ2月といえば、寒いし、雪の世界というイメージから観光地は期待できないという事で、富岡製糸場の見学がピッタリという事になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more